レンタル農園の特徴と価格の相場とは?

Pocket

レンタル農園の特徴とは?

レクリエーションや生きがい、自然に親しむなどの目的で、地域住民などが小面積の農地利用を行うことを、レンタル農園と呼びます。

貸し農園や市民農園といった呼称でレンタル農園の魅力が多く紹介される近頃では、食育や企業の福利厚生などで利用される事例も増え始めています。

また海外では、レンタル農園に対してクラインガルテン、体験農園、レジャー農園といった呼び名を使うこともあるようです。

日本におけるレンタル農園の歴史と沿革

日本で初めてレンタル農園が開設されたのは、大正13年のことだと言われています。

第二次世界大戦により一時は全消滅した市民農園も、農林水産省によるレクリエーション農業という認定により、少しずつ開設の動きが加速するようになりました。

また市民農園整備促進法が制定された1990年以降は、附帯設備の整備も可能になったことにより、レンタル農園や市民農園の使い勝手が更に良くなっているようです。

レンタル農園にはさまざまな開設方法がある

全国各地で人気の高いレンタル農園には、下記のようにさまざまな開設方式が存在しています。

・市民農園整備促進法
・農園利用方式
・特定農地貸付法
・農業体験農園
・宅地・公園・ビル屋上といった農地以外での開設

法律的な視点より厳密に考えれば、体験農園というカテゴリは農産物の区画販売に位置づけられるとされています。

しかし利用者からすると市民農園と類似のサービスとなるため、厳密なシステムが異なっても、レンタル農園としてカウントされることもあるようです。

レンタル農園の価格・利用料の相場とは?

農家や自治体、農業協同組合の開設するレンタル農園は、1万円ほどの年会費で15~30平方メートルほどの区画利用ができるケースが多いようです。

これに対して農業体験農園で設置するレンタル農園に近いものについては、30平方メートルほどで3~5万円の年会費が相場となっています。

農業体験の場合は、種苗の用意や農機具の貸出、月数回の講習会なども行われているため費用としては若干高くても利用者にとってはコストパフォーマンスの良い内容となっているようです。

無農薬野菜や有機野菜をレンタル農園で作る

レンタル農園を上手に利用すれば、食材宅配・通販サービスで購入できるような有機野菜や無農薬野菜の栽培も可能です。

しかしこうした農園を利用した栽培や収穫に多くの手間がかかる実態を考えると、オーガニック野菜などを手軽に食べたい人には食材宅配サービスの利用の方がおすすめ度は高いと言えるでしょう。

人気食材宅配サービスランキング

安心安全の有機野菜「Oisix」

Oisixの食材宅配サービスで送られてくる野菜はとにかく新鮮で安全なものばかりです。
送られてくる食材は、子どもにも安心して食べさせられるものを厳選していると宣言していて、放射性物質検査もしているので、健康のことを考えるととっても安心です。
配送は時間指定も可能、21時まで受け取れるので働いていてなかなか家にいないライフスタイルでも助かります。
お試しセットは具体的にどんなものが入っているかは、公式サイトに実際にユーザーが載せたインスタ画像があるのでチェックしてみてください。

取扱い商品数 約3,000~5,000点
送料 地域により変動(無料条件有)
年会費 無料 配送エリア 全国
お届け日時 全ての曜日選択可能 受取方法 手渡し(再配達可)

30年以上続く「らでぃっしゅぼーや」

らでぃっしゅぼーやの季節の野菜や定番野菜のコースは何が入っているかわからないので、季節ごとで楽しめます。
選べるコースとミールKITコースも用意されていて、ミールKITでは献立を考えず必要な分の食材だけが入っているので、料理を手間なく作れます。
信頼できる農家から厳選野菜を届けてくれるので、出所がしっかりしていて安心です。

取扱い商品数 約8,000点
送料 0~800円(専用配送車エリア無料)
年会費 初年度無料 配送エリア 主要エリアのみ
お届け日時 指定不可 受取方法 手渡し・留め置き

無農薬野菜の「ミレー」

ミレーは新鮮で旬なお野菜を届けてくれます。
サイトを見ると生産者の顔が見えるようになっていて、安心感が得られます。
ミレーでは新鮮さにこだわっていて、収穫から1~2日で届けてくれるので獲れたて野菜の味を存分に味わうことができます。

取扱い商品数 約2,000~5,000点
送料 313~1,296円
年会費 無料 配送エリア 全国
お届け日時 月~土までで指定可能 受取方法 手渡し(再配達可)

ランキングはこちら

アクセスの多い記事TOP3

HOME

利用する目的

お役立ちコラム

食材宅配一覧

徹底比較ランキング